みんなの日本語教案・教材サイト(minnna no nihongo) 初級日本語

初級日本語テキスト「みんなの日本語」の最も授業に近い教案を公開しています

教材(FC)

(教材)L18-2 V辞書形+ことができます1|フラッシュカード

→以下のフラッシュカード(10枚セット)を入手して文型を練習し、特に「辞書形」の定着を強化する

1.教壇を降り、Sの前でFCを練習する

(例)

トムさんは日本語を話します → トムさんは日本語を話すことができます。

 

2.FCを見せて、外国語ができたら何をしたいか聞いてみる

(例1)

T:(「トムさんは日本語を話すことができます」を見せて)Sさんは日本語を話すことができます。何をしたいですか?

S:日本で仕事がしたいです。

 

(例2)

T:(「田中さんは英語を話すことができます」を見せて)Sさんは英語を話すことができます。何がしたいですか?

(※この場合、非英語圏のSを選ぶこと)

S:アメリカへ行きたいです。

 

3.口頭でみんなの特技を聞いてみる。まず、Tが見せるとよい

(例)

T:先生は折り紙を作ることができます。(折って見せて)上手ですか?ところで、Sさんは何ができますか?

S:わたしは柔道をすることができます。

T:本当ですか。どのくらい練習しましたか?

S:5年練習しました。

T:柔道はおもしろいですか?

S:はい、とてもおもしろいです。

(※その特技に対して、特に珍しい特技に対して、色々質問したり、他のSに質問させたりするとよい。)

教案へ戻る

-教材(FC)

執筆者:

error: Content is protected !!