みんなの日本語教案・教材サイト(minnna no nihongo) 初級日本語

初級日本語テキスト「みんなの日本語」の最も授業に近い教案を公開しています

教材(FC)

(教材)L10-2(ものが)あります|フラッシュカード

→以下のフラッシュカード(10枚セット)を入手して練習し、テキストでの発話不足を補う

1.Sの前に立って、FCで文型を練習させる。

(例)

喫茶店/ナイフとフォーク → 喫茶店にナイフとフォークがあります。

 

2.FCにあるものが、実際にどこにあるかを聞く

(例1)

T:(FC「会議室に時計があります」の「時計」を見せて)時計です。Sさん、時計は?

S:教室に時計があります。

 

(例2)

T:(FC「会社にパソコンがあります」の「パソコン」を見せて)パソコンです。Sさん、パソコンは?

S:学校にパソコンがあります。

 

3.口頭で、任意なアイテムを言って、どこにあるかを答えさせる

(例1)

T:Sさん、車。

S:車は学校の前にあります。

(※答えが「外にあります」や「近くにあります」と答えてもOKにすること。発話させることが重要なため)

 

(例2)

T:Sさん、キムさんのカバン。

S:キムさんのカバンはキムさんのとなりにあります。

T:そうですね。キムさんのカバン、いいですね!

(※質問をSの所持物にするのもよい。所有物を褒めてあげても盛り上がる)

 

教案へ戻る

-教材(FC)

執筆者:

error: Content is protected !!