L11-20

L17-2 Vない形+なければなりません(ないといけません)|みんなの日本語17課教案と教材 初級日本語

みんなの日本語17課教案の例文はこちらから

1.1.Vない形+なければなりません(ないといけません)

→以下を板書

みんなの日本語L17-2

T:Sさん、電車に乗ります。きっぷを買いますか?

S:はい、買います。

T:きっぷがありません。電車に乗ります。だめです。電車に乗りますから、きっぷを買わなければなりません。

(図書館で借りた本を見せて)これは図書館の本です。図書館の本ですから、返さなければなりません。

 

→さらに以下を板書

みんなの日本語L17-2

 

関連項目:L4-4+5 ○○から○○まで〜

 

T:お金を返さなければなりません。明日です。明後日はだめです。明日までに、お金を返さなければなりません。

12時までに電話をかけなければなりません。12時半、だめです。午後1時、だめです。11時、いいです。11時半、いいです。

(※この文型に「〜までに」が付くと、その時間までに行動しなければならないという意味になる

 

口頭練習1

→以下のフラッシュカード(10枚セット)を入手して練習し、テキストでの発話不足を補う

1.FCを持って、Sの前に立ち、文型を練習させる

(例)

あさって/家に帰ります → あさって家に帰らなければなりません。

 

2.FCを見せて、「今日すべきこと」をSに問いかける

(例)

T:(FC「今日レポートを出さなければなりません」を見せて)みなさん、今日は何をしなければなりませんか?

S:宿題をしなければなりません。アルバイトをしなければなりません。

T:ありゃりゃ、大変ですね。先生も、いろいろしなければなりません。忙しいですね。

続きを読む(フラッシュカードを入手する)

 

 

口頭練習2

→以下のフラッシュカード(10枚セット)を入手して、後件を自由に作文させる

1.Sの前に立って、FCの文型を練習させる

(例)

新しい本を読みたいです → 新しい本を読みたいですから、本屋へ行かなければなりません。

(※後件は自由に作れるので、Sが間違えないように指導すること)

 

2.FCの「かぜですから…」を見せた時に、各々の国でどんな民間療法があるか聞いてみる(変わったものがあれば、詳しく聞く)

(例)

続きを読む(フラッシュカードを入手する)

 

みんなの日本語17課教案の例文はこちらから

-L11-20
-, ,

執筆者:

error: Content is protected !!