L11-20

L16-2 Vて形+から、〜|みんなの日本語16課教案と教材 初級日本語

みんなの日本語16課教案の例文はこちらから

1.1.Vて形+から、〜

→以下を板書

みんなの日本語L16-2

 

関連項目:L6-1 ◯◯をVます。それから、〜

 

T:Sさん、家に帰りました。何をしますか?

S:ごはんを食べます。お風呂に入ります。

T:先生はごはんを食べます。それから、電話をかけます。ごはんを食べてから、電話をかけます。

本を読みます。それから、散歩します。本を読んでから、散歩します。

 

教材1:絵カード

ビジュアルで文法が理解できるPDFの絵カードセット(20問40枚セット)を様々な形で使い、Sの文法理解を深める。

 

練習方法1:全体練習

・絵カードを大きく印刷するか、プロジェクターなどで見せる等して、教室全体に見えるようにする。

・下図のような絵カードを見せて文法を考えさせ、空白部分を埋めさせる。

(会話例)

T:(それぞれの動詞の絵を指して)Sさん、これは?

S:走ります。寝ます。

T:走ります。それから、寝ます。「Vて形」で?

S:走ってから寝ます。

→正解したら、Tが下図の空白を埋めてある絵カードを見せて答えを確認、さらにコーラスさせてもよい。

練習2:個別練習

・宿題や授業中に文法理解の確認をしたい時、または教科書の問題だけでは定着が不足と感じた場合、絵カードの中で下図のように空欄のあるページだけをまとめて印刷して配布する。

※文字ではなく、ビジュアルで文法が分かるようになっているので、文字だけの教材に飽きたSに刺激を与えられる。

・宿題として使う場合、Sに返却する時に返却と同時に下図のような答えが入っているページをまとめて印刷して配布する。教師はSの間違えを手で訂正する必要がなく、ただ◯か×かを付ければ良いので、作業時間の短縮につながる。

絵カードのサンプルをさらに見る(入手する)

 

教材2:フラッシュカード

→以下のフラッシュカード(10枚セット)を入手して練習し、テキストでの発話不足を補う

みんなの日本語L16-2

1.FCをSの前で見せて、文型を練習させる

(例)

ごはんを食べてから、薬を飲みます。

 

2.FCを使って、Sの行動を発話してもらう

(例1)

T:(FC「ごはんを食べてから薬を飲みます」を見せて)Sさん、毎日昼ごはんを食べてから?

S:毎日昼ごはんを食べてから、寝ます。

続きを読む(フラッシュカードを入手)

 

1.2.文型の違い

→以下を板書

みんなの日本語L16-2

T:「ごはんを食べてから、寝ます」、「ごはんを食べます。それから、寝ます」。は同じです。

「お酒を飲んでから、帰ります」、「お酒を飲みます。それから、帰ります」。も同じです。

(※「Vて形+から、〜」と「〜。それから、〜。」は意味も強さも同じ。)

 

T:「ごはんを食べてから、寝ます」は「ごはんを食べて、寝ます」より強いです。

「お酒を飲んでから、寝ます」は「お酒を飲んで、帰ります」より強いです。

(※「Vて形+から、〜」は「Vて形、〜」より強調の意味が強い。

ただ、「強い」はL19で導入する単語のうえに意味も大きな違いはないので、質問が出ない限りは言わないことを勧める

 

口頭練習

Sに「朝、何をするか?」、「帰ったら何をするか?」を聞いて「Vて形+から、〜」で答えさせる。

(例1)

T:Sさん、朝、起きました。何をしますか?

S:朝ごはんを食べてから、テレビを見ます。

(例2)

T:Sさん、家に帰りました。何をしますか?

S:本を読みます。

T:それから?

S:ごはんを食べます。

T:じゃあ、本を読んでから…

S:本を読んでから、ごはんを食べます。

(※Sが1つしか答えない場合は、2つ目が出るように促すこと)

みんなの日本語16課教案の例文はこちらから

-L11-20
-, ,

執筆者:

error: Content is protected !!