L1-10

L3-2 N1はN2(場所/人/もの)です|みんなの日本語3課教案と教材 初級日本語

みんなの日本語3課教案の例文はこちらから

oshiekata_banner-1

1.1.<場所>はここ/そこ/あそこ

→以下の板書

みんなの日本語L3-2

T:(地面を指差して)教室はここです。

(ドアを開けて向かいの受付を指して)受付はそこです。

(窓の外を指して)駅はあそこです。

 

 

口頭練習1

場所を指差して「ここ/そこ/あそこ」をSに言わせる

(例)

T:(少し遠くを指して)会議室

S:会議室はそこです。

(※場所の単語はその都度導入してもよい)

 

 

1.2.Nはここ/そこ/あそこ

→以下を板書

みんなの日本語L3-2

T:(本を目の前に置いて指差して)本はここです。

(時計を置いて数歩歩いて距離を取り)時計はそこです。

(イスを指差して離れて)いすはあそこです。

 

 

1.3.<人>はここ/そこ/あそこ

→以下を板書

みんなの日本語L3-2

T:(自分を指差して)先生はここです。

(近くのSを指して)トムさんはそこです。

(遠くのSを指して)マリアさんはあそこです。

 

T:「ここは先生です」、「そこはSさんです」はダメです。

(※「ここ/そこ/あそこは◯◯です」という形はできない)

 

 

2.Nはどこですか(もの/人/場所)

→以下を板書

みんなの日本語L3-2

T:先生はここです。Sさんは…ここですか?そこですか?あそこですか?Sさんはどこですか?そこです。

パソコンはそこです。カバンは…どこですか?(探すアクションをして)あそこです。

受付はあそこです。トイレは…どこですか?ここです。

 

口頭練習2

「もの/人/場所」すべてを使って「◯◯はどこですか?」を聞く

(例)

T:Sさん、時計はどこですか?

Sさん、トイレはどこですか?

Sさん、マリアさんはどこですか?

 

 

3.N(もの/人/場所)は<場所>です

→以下を板書

みんなの日本語L3-2

T:ここは学校です。ここは日本です、東京です。学校は東京です。

先生の家…(地図の千葉を指して)先生の家は千葉です。

ペンは…ここです。ここは教室です。ペンは教室です。

Sさんは?トイレです。Sさんはトイレです。

 

口頭練習3

→以下のフラッシュカード(10枚セット)を入手して練習し、テキストでの発話不足を補う

1.まず、Sに近付いてFCの練習をさせる

(例)

おおたさん/大阪 → おおたさんは大阪です。

 

2.FC「大学は新宿です」を使い、学校はどこにあるかを聞く

(例)

T:(FCを見せて)「大学は新宿です」。じゃあ、この学校は?(学校が大阪の場合)

S:この学校は大阪です!

 

3.口頭でSの両親がどこにいるかを聞いてみる

(例)

T:Sさんは日本です。Sさんのお父さんとお母さんは?

S:父と母はベトナムです。

(※両親以外でも兄弟でも可能。家族のことを聞いてあげると、Sは大抵喜ぶ対応をする)

 

フラッシュカードを購入する

 

注意事項

・こちらのフラッシュカードは有料で、10枚セット(1.5ドル)です。

・支払いはクレジットカードが使え、決済はPaypalのシステムを利用します。最短3ステップで完了します。

(※Paypalについてはこちらをご参照ください)

 

・こちらのフラッシュカードはパワーポイント(.pptx)で作られています。

・そのままダウンロードして利用しても、加工や加筆をして利用しても、構いません。

※その他の注意事項はこちらをご参考ください。

 

 

4.こちら/そちら/あちら

→以下を板書

みんなの日本語L3-2

T:ここは教室です。こちらは教室です。

そこはトイレです。そちらはトイレです。

あそこは大学です。あちらは大学です。

会社はどこですか?会社はどちらですか?

 

口頭練習

「◯◯(場所/人/もの)はどちらですか?」で質問し、「◯◯はこちら/そちら/あちらです」と答えさせる

(例)

T:Sさん、時計はどちらですか?

S:時計はあちらです。

みんなの日本語3課教案の例文はこちらから

-L1-10
-, ,

執筆者:

error: Content is protected !!