L21-30

L27-6 取り立ての助詞|みんなの日本語27課教案と教材 初級日本語

1.1.取り立ての助詞

→以下を板書

みんなの日本語L27-5

T:田中さんが東京へ行きます。「東京」をいちばん言いたい時は、「田中さんが東京へは行きます」と言います。「東京へは」の「は」は「取り立ての『は』」、または「取り立て助詞」と言います。

山田さんからケーキをもらいました。「山田さん」をいちばん言いたい時は「山田さんからもケーキをもらいました」と言います。

(※取り立ての助詞はこの時点では「一番言いたいことを強調する助詞」という取り扱いにして説明すること。現時点で日本語のみで「取り立ての助詞」を説明するのは困難なため)

 

→さらに以下を板書

みんなの日本語L27-5

T:「田中さん」をいちばん言いたい時は「田中さんは7時に家でテレビを見ます」になります。

「7時」をいちばん言いたい時は「7時には田中さんが家でテレビを見ます」になります。

「家」をいちばん言いたい時は「家では田中さんが7時にテレビを見ます」になります。

「テレビ」をいちばん言いたい時は「テレビは田中さんが7時に家で見ます」になります。

「助詞+は/も」ですが、「がは/をは」、「がも/をも」はダメです。

(※「取り立ての助詞」を取り扱う場合、「助詞+は/も」の形になるが、「が/を」の場合は「がは/をは」、「がも/をも」の形にはならない)

-L21-30
-,

執筆者: