L21-30

L25-3 〜ても(逆説の仮定条件)|みんなの日本語25課教案と教材 初級日本語

1.1.〜ても(逆説の仮定条件)

→以下を板書

みんなの日本語L25-3

 

関連項目:L25-1 仮定条件

 

T:雨が降ったら、東京へ行きません。雨の時、どこも行きたくないですから。

でも、明日は大切な会議がありますから、雨が降っても東京へ行きます。

 

暑かったら、コーヒーを飲みません。コーラは冷たいですが、コーヒーは熱いですから。

でも、今日はとても眠いですから、暑くても、コーヒーを飲みます。

 

暇だったら、寝ます。いつも忙しいですから。

でも、今日は眠くないですから、暇でも寝ません。

 

風邪だったら、勉強しません。大変ですから。

でも、明日はテストですから、風邪でも勉強します。

(※「普通形過去+ら」の逆の意味になる。そのため、一対で教えると分かりやすい)

 

 

1.2.疑問文

→以下を板書

みんなの日本語L25-3

 

関連項目:L25-2 確定条件

 

T:Sさん、今日、時間があったら、勉強しますか。

S:はい、勉強します。

T:はい、時間があったら、勉強します。いいえ、時間があっても勉強しません。

 

T:暑かったら、少し休みますか。

はい、暑かったら、少し休みます。いいえ、暑くても、休みません。

 

T:雨だったら、傘を買いますか。

はい、雨だったら、傘を買います。いいえ、雨でも、傘を買いません。

(※「時間があったら勉強しますか?」の部分でSが「勉強します」と答えたら、讃えるか、「本当?」とからかってあげると盛り上がる)

 

口頭練習

→以下のフラッシュカード(10枚セット)を入手して練習し、テキストでの発話不足を補う

1.教壇を降りてSに近付いて、FCを練習させる。

(例)高くても、本を買います。

 

2.口が慣れたら、わざと「明日日本語のテストがあります」と言って(もちろん冗談)、Sに「日本語のテストがなくても…」で文型を作らせる。

※Sの中に「日本語のテストがなくても、勉強します」という回答をしたSを褒める。逆に「バイトをします」と回答したSは「勉強しなくてはいけませんよ」と戒めてあげる。

続きを読む(フラッシュカードを入手する)

-L21-30
-, ,

執筆者: