L11-20

L20-1 普通形|みんなの日本語20課教案と教材 初級日本語

1.1.普通形の説明

→以下を板書

みんなの日本語L20-1

T:(「丁寧形」と丁寧形の文章を指して)これは丁寧形です。先生、部長、社長に言います。

(「普通形」と普通形の文章を指して)これは普通形です。友達、家族に言います。

(※丁寧形と普通形を並列にして、違いを強調する)

 

 

1.2.普通形の作り方(動詞)

→以下を板書

みんなの日本語L20-1

T:「私はごはんを食べます」は「私はごはんを食べる」。「V辞書形」になります。

「私はごはんを食べました」は「私はごはんを食べた」。「Vた形」になります。

「私はごはんを食べません」は「私はごはんを食べない」。「Vない形+ない」になります。

「私はごはんを食べませんでした」は「私はごはんを食べなかった」。「Vない形+なかった」になります。

(※赤枠で囲んだ部分を使って整理した形で練習させること)

 

教材1:絵カード

組み合わせることで様々な普通形(動詞)を大量に作れるPDFの絵カードを印刷して、普通形(動詞)を作る練習をさせる。

 

1.以下の絵カード(時制/動詞/YESかNO)を印刷する

※時制

※動詞

※YES/NO

2.それぞれの絵カードを貼り付け、普通形を作らせる

・以下のように絵カードを貼り付けて、普通形を作らせる

(例1)

(時制)明日

(動詞)音楽を聞きます

(YES/NO)YES

→明日音楽を聞く

 

(例2)

(時制)きのう

(動詞)写真をとります

(YES/NO)NO

→きのう写真をとらない

 

※以上のように「時制」、「動詞」、「YES/NO」を様々に組み合わせることで、普通形を大量に作って、授業中に普通形を作る練習の発話機会を多くのSに与えること。

続きを読む(絵カードを入手)

 

教材2:フラッシュカード

→以下のフラッシュカード(10枚セット)を入手して練習し、テキストでの発話不足を補う

みんなの日本語L20-1

 

1.教壇を降り、FCで文型を練習させる

(例)

きのう渋谷へ行きました→きのう渋谷へ行った

 

2.FCを見せながら、口頭で文型の練習をさせる

(例1)

T:(FC「この本を買います」を見せて)Sさん、何を買いますか?普通形でお願いします。

S:新しい辞書を買う。

続きを読む(フラッシュカードを入手)

 

1.3.疑問文

→以下を板書

みんなの日本語L20-1

T:丁寧形は「明日、東京へ行きますか?」。「はい、いいえ」です。

普通形は「明日、東京へ行く?(「行く?」の部分の語尾を上げる)」。「うん、ううん」です。

(※普通形の疑問文は質問する時に語尾を上げて、回答する時は「はい」を「うん」、「いいえ」を「ううん」とする。)

 

口頭練習

TがSに質問する形で練習する。

(※練習の前に、「私とSさんは友達です」と言っておくこと)

(例)

T:Sさん、明日学校へ来る?

S:ううん、来ない。

-L11-20
-, ,

執筆者: