L11-20

L18-4 〜のまえに|みんなの日本語18課教案と教材 初級日本語

1.1.〜のまえに

→以下を板書

みんなの日本語L18-4

 

関連項目:V辞書形の作り方

 

T:私は帰ります。それから、ごはんを食べます。休みます。そして、勉強します。

(「ごはんを食べます」→「休みます」を指して)ごはんを食べてから休みます。休む前にごはんを食べます。

(「休みます」→「勉強します」を指して)休んでから勉強します。勉強する前に休みます。「V辞書形+前に」です。

 

お茶を飲みます。それから、会議です。

会議の前に、お茶を飲みます。「名詞+の前に」です。

 

→さらに以下を板書

みんなの日本語L18-4

T:昨日です。本を読みました。それから、寝ました。きのう寝る前に本を読みました。

昨日です(過去であることを強調するため)。「読みます」は「読みました」です。でも、「寝ます」は「寝る前に」です。辞書形です。

先月です。ごはんを食べました。それから、ミラーさんと会いました。先月、ミラーさんと会う前にごはんを食べました。

(※この文型は時制が過去であっても、「〜前に」の部分はV辞書形になることを指導すること)

 

教材1:絵カード

ビジュアルで文法が理解できるPDFの絵カードセット(20問40枚セット)を様々な形で使い、Sの文法理解を深める。

 

練習方法1:全体練習

・絵カードを大きく印刷するか、プロジェクターなどで見せる等して、教室全体に見えるようにする。

・下図のような絵カードを見せて文法を考えさせ、空白部分を埋めさせる。

(会話例)

T:(動詞を指して)新聞を読みます。寝ます。「新聞を読みます」が後ろです。(空白を指して)前は?

S:寝ます。寝る前に新聞を読みます。

→正解したら、Tが下図の空白を埋めてある絵カードを見せて答えを確認、さらにコーラスさせてもよい。

練習2:個別練習

・宿題や授業中に文法理解の確認をしたい時、または教科書の問題だけでは定着が不足と感じた場合、絵カードの中で下図のように空欄のあるページだけをまとめて印刷して配布する。文字ではなく、ビジュアルで文法が分かるようになっているので、文字だけの教材に飽きたSに刺激を与えられる。

※「V辞書形+まえに」と「名詞+のまえに」のパターンがあることに注意すること。

※「Vて形+から」とビジュアルは似ているので、「Vて形+から」を復習として取り上げるのもよい。

・宿題として使う場合、Sに返却する時に返却と同時に下図のような答えが入っているページをまとめて印刷して配布する。教師はSの間違えを手で訂正する必要がなく、ただ◯か×かを付ければ良いので、作業時間の短縮につながる。

絵カードのサンプルをさらに見る(入手する)

 

教材2:フラッシュカード

→以下のフラッシュカード(10枚セット)を入手して練習し、テキストでの発話不足を補う

1.Sの前に立って、近付いてFCの文型を練習させる

(例)

寝る前にシャワーをあびます。

 

2.FCの「寝る前にシャワーをあびます」を使って、Sに「寝る前にすること」を聞いてみる

(例)

続きを読む(フラッシュカードを入手)

 

1.2.<期間>前に〜

→以下を板書

みんなの日本語L18-4

 

関連項目:L11-5 <期間>に<◯回>Vます

 

T:Sさんは2013年に日本へ来ました。今は2017年です。4年です。Sさんは4年前に日本へ来ました。

(本を見せて)5月1日にこの本を読みました。今日は5月8日です。1週間です。1週間前にこの本を読みました。

 

留意点

→以下を板書

みんなの日本語L18-4

(※この文型は「昨日、今日、去年、今年、先月」などの数字を伴わない時間表現には使えないことを同時に指導すること)

-L11-20
-, ,

執筆者: